仮想通貨のクレジットカード現金化はイマイチ?期間・流れをご紹介!

MENU

仮想通貨で現金化は可能

 

店舗型のクレジットカード現金化業者が減少していく中で、仮想通貨によって現金化を行う業者が増えてきています。
クレジットカードの現金化は店舗から仮想通貨へと移行していく、今がその過渡期なのかもしれません。

 

そんな中で、これから仮想通貨で現金化をしてみたいという方が気になるのが、実際の金化までの手順だと思います。
仮想通貨を用いたクレジットカード現金化とは、一体どのように行うものなのでしょうか。

 

実際に仮想通貨でクレジットカードを現金化してみた

 

仮想通貨で現金化する手順

 

仮想通貨を用いたクレジットカード現金化の手順については、概観的に説明しても分かりにくい部分があります。
ですので、以下では筆者が実際に現金化を行ってみた経験をできるだけストレートに伝えたいと思います。

 

まず初めにクレジットカードを用意します。

当然ですが、これが無ければ現金化を行うなどということはできません。

 

取引所への登録

仮想通貨を使った現金化について色々と調べていると、まずは仮想通貨の取引所に登録を行わなければならないということでした。
ですので筆者も取引所を探し、その中でいくつかの選択肢に絞り込み、最終的に口コミでも評判の良い大手の業者さんに決めました。
この取引所に決めた理由は、現金化までのスピードが速いという点と手数料が安いというところです。
もちろん、口コミについても参考にしました。

 

⇒実際の手順としては、まず取引所のサイトにアクセスして登録ページを開き、そこでメールアドレスとパスワードを入力します。

 

そして次に個人情報の提出を求められたので、免許証を提出しました。
これもウェブ上でのやり取りです。
ここまでの手続きを行ったところで、後は自宅に登録完了を知らせるハガキが届くということでしたのでそれから数日待っていますと、後日しっかりとハガキが届きこれで無事登録完了となりました。

 

ちなみに、こうした手続きは筆者が選んだ取引所に限らず、どの取引所においても基本的には共通した登録手続きになっているようです。

 

仮想通貨の購入

さて、登録が済んだら次はいよいよ仮想通貨の購入です。
まずは、数日前に登録した情報を元に本人確認を行います。
次にクレジットカードを使って仮想通貨を購入しました。
今回が初めてということで、金額としてはほんの少額にとどめておき、この仮想通貨を全て同日の内に売却しました。
購入から売却までほとんど時間が経っていないため、レートの変化もほとんどありません。

 

現金の振込

そして売却した仮想通貨は出金先の銀行口座に振り込まれるということでしたので、筆者の銀行口座を指定して実際に出金が行われるのを待つことになります。
ちなみに、取引所が指定している銀行口座であれば即日出金が可能とのことでしたが、筆者の口座は残念ながらこれには該当していませんでした。
ですので、即日出金ということにはなりませんでしたが、約1週間後に指定した口座に手数料を差し引いた額が無事振り込まれました。

 

仮想通貨でクレジットカード現金化した感想

 

パソコンで現金化を申し込む女性の手

 

仮想通貨を使ってクレジットカード現金化するというのは初めての経験で少し不安だったのですが、実際に現金化が可能だということを確認できてホッとしています。
初めから終わりまでの取引の流れを振り返ってもとてもスムーズで何ら不十分な点はありませんでした。

 

他の取引所での対応は分かりませんが、少なくとも筆者が選んだ取引所では良い印象を受けました。

 

悪くは無いが、正直イマイチ

前述した通り、決して悪くはありません。
手数料は約10%(換金率90%程度)と申し分ありませんし、手続きするに当たって特に難しい部分も見当たりません。
しかし、クレジットカード現金化を行う際は、そのほとんどが「1分1秒でも早く現金が必要」というシーンであるため、1週間以上掛かると言う期間はミスマッチであると言わざるを得ません。
時間的に余裕がある場合に利用出来る手段と言えるでしょう。

 

仮想通貨で現金化をするなら、まだアマゾンギフト券で現金化をしたほうが効率は良いと個人的には感じました。

 

アマギフの実質換金率は?