クレジットカード現金化業者の選び方は?悪質業者の特徴と手口

MENU

悪質クレジットカード現金化業者の見分け方

 

どんな業界にも、悪質業者と呼ばれる会社が存在し、これはクレジットカード現金化業界においても同じです。
重要なのは、善悪が混在する事を理解し、悪質業者と優良業者をしっかりと見分けた上で利用することです。
実際にクレジットカード現金化を行う前に業者の優悪が判断出来れば、被害を受けるリスクを軽減出来る事は言うまでもありません。

 

悪質現金化業者の見分ける際のポイント

悪質業者と優良業者を見分けると言うのは簡単ですが、そのためには抑えておかなければならないポイントがいくつかあります。

 

以下で紹介するポイントをチェックすればかなりの確率で悪質業者を見分けることができますので、是非覚えていただきたいと思います。

 

ホームページの作りがしっかりしているか

 

ノートパソコンとマウス

 

企業が作るホームページというのはある程度の費用をかけるのが当然です。
会社の規模にもよりますが、安いところでも数万円、高いところでは数百万円を費やして作成している場合もあります。

 

しかし、悪質現業者のホームページというのはどれも安っぽい作りになっています。

 

悪質業者というのはどこも利益至上主義ですので、削ることの出来る経費はとことんカットしようとします。
そのため、ホームページについても制作費を抑えて安っぽい仕上がりになるのです。
また、悪質業者のホームページには表示速度が遅いという共通点もあります。
これは安いレンタルサーバーを借りているために起こります。

 

きちんとした電話対応をしているか

 

電話対応の質も悪質業者を見分ける上で重要なポイントです。
きちんとした電話対応をしている業者であれば、その会社は優良業者である可能性が高いのです。
一方、これが悪質業者であればまともな電話対応は基本的に行われません。

 

例えば、その業者の番号に掛けると転送されて個人の携帯電話に掛かるケースがありますが、このような場合は悪質業者であると疑った方が良いでしょう。
このような業者はレンタルオフィスの電話番号をホームページに記載しており、その番号から携帯電話に転送をしています。

 

これは、会社の所在地を隠そうとしているためで、このような会社は法律的にグレーな行為、または完全な違法行為を行っている事が理由であり、会社の所在地がバレてしまっては都合が悪いのです。
また、中には会社自体が存在していないというケースもあります。
加えて、電話口での従業員の対応が悪い業者も悪質業者であると疑った方が良いでしょう。

 

こうした業者では社員に対する教育が十分に行われていないのです。
優良業者であればこうしたことはあり得ません。
現金化をする際は事前に口コミ・評判まとめをきちんとチェックすることが大切です。

 

美味しい話を並べていないか

悪質業者は顧客を得るために数々の美味しい話を並べます。

 

例えば、「換金率100%以上」「毎月10名様に100万円プレゼント」「リピーター率99%」といった類いのものです。
こうした文句というのはただ単に美味しい話というだけではなく、実際にはそのほとんどが嘘です。

 

ですから、こうした話を信じて現金化を行っても実際にはこのような恩恵はありません。そればかりか、利用者が一方的に損をするということも起こり得ます。
これが、悪質業者の怖い所なのです。
要するに、彼らは甘い言葉を並べて客を集め、自らが利益を得たらもう利用者のことなど全く考えないのです。

 

ですから、美味しい話ばかりを並べている業者を見つけたらそれは悪質業者だと判断した方が良いでしょう。