ゼロスタイルのサービス内容は本当か?換金率やスピード等の特徴まとめ

MENU

ゼロスタイルが他のクレジットカード現金化業者と違う点

 

3枚のクレジットカードの画像

 

巷には多くのクレジットカード現金化業者が溢れていますが、インターネット全盛期である昨今、数年前と比べてネット型の業者が増えている傾向にあります。

 

新規開業⇒廃業というサイクルが盛んな当業界ですが、新規クレジットカード現金化業者の中でも特に優良店との呼び声が高かった「ゼロスタイル」に今回スポットを当ててみたいと思います。

 

これまでのクレジットカード現金化業者とは一体どこが違うのでしょうか。
様々な面から検証を行っていきます。

 

ゼロスタイルならではの2つのサービス

ゼロスタイルが従来のクレジットカード現金化業者と異なっている部分はいくつもありますが、ここではまず同社だから事出来る2つのサービスについて触れたいと思います。

 

多くの銀行・クレジットカードに対応

クレジットカード現金化業者の中には、非常に限られた少数の銀行・クレジットカードにしか対応していない会社が多くあります。
そのため、自分が口座を持っている銀行や契約をしているクレジットカードを選ぼうと思っても「あれっ、この業者は対応していないんだ…」といった事が屡々起こってしまいます。
しかし、ゼロスタイルではこうしたことはありません。
従来の現金化業者では対応していなかった銀行・クレジットカードにも幅広く対応しているため、上記のようなことが起こる心配はないのです。

 

しかも、ゆうちょ銀行・楽天銀行・ジャパネット銀行のいずれかの口座であれば、15時以降になっても振込に対応してもらえます。

 

対応のスピードが速い

一般的な現金化業者の場合、申し込みを行ってから実際に現金化が完了するまでには30分ほどの時間が必要になります。
そのため、「今すぐにクレジットカード現金化したい!」というニーズには答えられません。
ですが、これがゼロスタイルであれば現金化までに30分も待つということはありません。

 

なんと、申し込みを行ってからたったの5分で現金化が完了するのです。
ですので、上記のような今すぐに現金化したいというニーズにもしっかりと応えてくれるのです。

 

ちなみに、この現金間までに5分というのは今のところクレジットカード現金化業界最速スピードです。

 

ゼロスタイルの「3つのゼロ」

 

ゼロスタイルの3つのゼロとは?

 

以上で紹介した2つのことに加えて、ゼロスタイルでは「3つのゼロ」を保証しています。
この点もゼロスタイル型の現金化業者と異なる理由になっていますので、以下で紹介します。

 

手数料・消費税がかからない

一般的なクレジットカード現金化業者の場合には、現金化を行う際に手数料消費税が必要になります。
そのため、現金化したい額からこの2つを引いた額が実際に現金化される金額となります。
このようにして実際に現金化される率のことを換金率と呼びます。

 

ゼロスタイルでは手数料と消費税が全く必要ありません。

 

そのため換金率がとても高く、他の業者と比べても高い数値になっています。

 

悪質な営業行為は行われない

現金化業者の中には、悪質と言わざるを得ないような営業行為を行う会社も存在します。

 

現金化をした際に得た利用者の連絡先に連絡してしつこく営業を行う業者があり、中には強引な営業に負けて不要な取引をしてしまったという方もいるのです。
また中には悪徳業者と呼ばれるような会社もあって、身に覚えのない請求が行われるという被害も出ているようです。

 

しかし、ゼロスタイルではこのような悪質な営業行為は一切行われていません。
営業活動において強引な方法を採ることを社員全員に禁止しているため、このような事は起こり得ないのです。

 

トラブルは一切無し

ゼロスタイルは年間で数千という現金化の実績を持つ業者ですが、創業以来利用者との間でトラブルが起こったことは全くありません。
現金化業者とその利用者の間では、条件の違いや振り込みのミス、スタッフの悪態など様々なトラブルが起こります。
率直に言って、この業界ではこうしたことは日常茶飯と言っても過言ではないのですが、ゼロスタイルではそうしたことはありません。

 

ゼロスタイル総評

換金率、スピード共に他社を上回っており、対応力も申し分ありません。
新規クレジットカード現金化業者という事で不安に思う方もいるかもしれませんが、現状最も信頼出来る業者と言っても良いでしょう。