クレジットカード現金化は審査不要!断られるのはどうして?3つの事例

MENU

審査不要でも断られるケース

 

クレジットカード現金化のためにスマホを使用する手

 

ゼロスタイルをはじめクレジットカード現金化は貸付サービスではないので審査はありません。
限度額の残っているクレジットカードを持っていれば、誰でも資金調達できることを売りにしていますが、一部で断られるユーザーもいます。

 

なぜ、審査不要なのに断られるケースがあるのでしょうか?

 

代表的な事例をまとめました。

 

本人のカードではない

 

クレジットカードの不正利用を防止するために、本人名義以外のクレジットカードでは利用できません。
家族であっても、夫や親のカードは利用不可です。
家族カードなら認められますが、家族カードは主契約者の利用明細に決済情報が反映されてしまうので注意しましょう。
どこのクレジットカード現金化業者でも本人名義以外のカードは一切認められません。

 

限度額が足りない・カードを持っていない

 

クレジットカード現金化は販売した商品に対して買取やキャッシュバックで現金を振り込むサービスです。
簡単に言えば、商品購入時のカード決済が審査になります。決済できればカード会社からの入金が約束されるのでスピーディーな振込が可能になる仕組みです。

 

限度額が足りなくて決済できなかったり、現在クレジットカードを持っていない(発行手続き中を含む)の場合は利用できません。
自分名義のカードがあるけど、カードそのものがなくて有効期限やセキュリティコードを把握していないなど、カード決済できない全ての状況で現金化は利用できません。

 

理解力が極端に低い

 

クレジットカードのショッピング枠を資金調達目的で利用するのはカード会社の利用規約で禁止されています。
クレジットカード現金化は購入した商品に対してのキャッシュバック特典や、買ったけど不要だから業者に買取してもらったことを口実にして現金に変えるサービスです。

 

もし、現金化がバレてしまうと利用者は強制解約、一括弁済、信用情報への登録といったペナルティを受けます。
さらに現金化業者から提示された通販サイトで現金化目的のカード決済をしたことがバレると、ゼロスタイルもクレジットカードの加盟店資格を失うリスクがあります。

 

ゼロスタイルは安全にクレジットカード現金化を行うノウハウを持っていて、カード業者からの調査が入っても決済の正当性を主張できます。
利用者は、決済後に何もせずに普通にカード払いを続けていれば問題ないです。
万一、カード会社から連絡があった場合は、現金化目的で利用したことを伏せないといけません。

 

理解力が極端に低い場合は、カード規約違反の盲点をついたサービスであることを理解せずに、カード会社に対してクレームや相談をしてしまうことがあります。
そうなるとゼロスタイルとしても立場が悪くなってしまうので、説明をして極端に理解力が低い人は断っています。

 

ゼロスタイルは安全性の高い方法を取っているのでカード会社に目を付けられることはないですが、支払い遅延を起こして催促の連絡時に現金化目的で使った旨をカード会社に伝えてしまう人がいます。

 

利用者の理解力を知る上でも初回利用時はWeb上の手続きだけではなく、申込フォームを送信すると担当者より折り返しの電話で説明する流れになっています。
電話対応を必須にしているのは、利用者が最低限の理解力と常識を持っているかの審査も兼ねています。