Amazonギフト券現金化とクレジットカード現金化を徹底比較!

MENU

アマギフは実質換金率が低い

 

アマゾンギフト券の換金率

 

クレジットカード現金化については、実質換金率が「高い」又は「低い」という表現がよく用いられますが、Amazonギフト券の現金化についても同様の事が言えます。
クレジットカード現金化・Amazonギフト券の2つには両者異なる点が多々ありますが、共に共通しているのは、「換金率」の問題は見過ごせない点でしょう。

 

実際のところ、Amazonギフト券現金化の実質換金率は高いのでしょうか、それとも低いのでしょうか?
クレジットカード現金化と比較しつつ、考察して行きたいと思います。

 

Amazonギフト券現金化とは

まず初めにAmazonギフト券の現金化とは何かということについて簡単に説明します。
これは、米アマゾン社が運営している世界最大のショッピングサイトであるアマゾン(Amazon)において使用することの出来る電子マネーのことです。
アマゾンでのショッピングの際に1ポイントを1円として使用することができ、Amazonギフト券という名称を略して“アマギフ”などと呼ばれています。

 

Amazonギフト券現金化というのは、この電子マネーを現金(日本円)に換えることを言います。

 

実際の現金化に際しては、クレジットカードを現金化する場合と同様に業者を利用して行うことになります。
この業者は基本的には無店舗型の業者で、スマホやパソコンから申し込むことで自宅に居ながら現金化を行うことができます。

 

なお、Amazonギフト券には裏面にアマゾンギフトコードと呼ばれる16桁前後の英数字が記載されており、これにポイントの情報が記憶されています。

 

このコードをスマホやパソコンで業者にメールすることで、Amazonギフト券分の現金が振込まれると言う仕組みです。

 

実質換金率とは

 

重要なのは実質換金率!

 

Amazonギフト券を現金化する際に問題になるのが「実質換金率」です。

 

実質換金率とは、現金化する前の金額が実際にどれだけ現金化されるのかを示した数値で、例えば現金化可能な商品券やショッピング枠が10000円分あったとして、これを実際に現金化したら9000円になったという場合、実質換金率は90%ということになります。

 

この実質換金率は、元々クレジットカードの現金化について計算された数字でしたが、現在ではAmazonギフト券現金化やその他現金化手法の多くの「優良度」を示す数字として用いられており、重要視されるようになっています。

 

Amazonギフト券の換金率は

結論から申し上げますと、85~95%と大きくムラがあるのが現状です。
実質換金率は換金業者が手数料をいくらに設定しているかで変わってきますし、いくら換金するのかによっても換金率が変動します。

 

現在では300を超えるAmazonギフト券専門の現金化業者(買取業者)が存在していると言われており、各社で手数料の額にもかなりの違いがあるのです。
200円や300円に設定しているところもあれば、700円や800円といった過大とも言える手数料を課している業者もあります。

 

また数ある業者の中には悪徳業者と呼ばれるような会社も存在しており、そのような業者で現金化してしまうと手数料だけで元金がほとんどなくなるということにもなり得ます。(例:1,000円のアマギフを300~400円で買い取る等)

 

良い業者もいるが・・・

換金率が良く真面目にやっている業者も一定数おりますが、実質換金率については選んだ業者次第という点で不安定である事が否めません。
運が良ければ高換金率を獲得できる可能性がありますが、平均するとクレジットカード現金化業者と比べて実質換金率は低くなってしまうでしょう。

 

加えて、最近では換金率100%を謳うクレジットカード現金化業者が登場するくらいですので、Amazonギフト券現金化はやや分が悪いと言えます。

 

現状ではまだまだクレジットカード現金化の天下と言ったところでしょうか。
しかし現金化業者もピンキリで「24時間営業」と謳っていても実質は違う業者も多く存在します。現金化をする際は事前に情報を集めてから利用しましょう。

 

24時間営業のほとんどは嘘